成約率アップ!文章を書く上での心理テクニック <シャルパンティエ効果> とは?

相葉光毅です。

 

 

今回は、アフィリエイトを実践する上で有効な心理テクニック

 

「シャルパンティエ効果」

 

について解説していきます。

 

 

マーケティングでも良く使われている心理テクニックなので、皆様のご参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャルパンティエ効果とは?

 

シャルパンティエ効果とは、錯覚を利用した心理効果の一つです。

 

 

フランスの医師、オーグスチン・シャルパンティエ氏が、大きさと重さの錯覚についての実験を行い、1891年に発表された理論です。

 

実験では、同じ重さで形の違う異なる2つのものを比べた時に、形によって先入観で「こっちの方が軽い(重い)」と無意識下で錯覚してしまうと言う結果を出しています。

 

 

 

例えば、

 

10㎏のダンベル

 

10㎏の綿

 

この二つの内どちらの方が重いでしょうか?

 

 

答えは「両方同じ大きさ」です。

 

 

しかし、文字だけを見ると何となくダンベルの方が重いと何となくイメージしてしまう人が多いのではないでしょうか?

 

 

これは、

 

「鉄=重い」

 

「綿=軽い」

 

と言う先入観が、働いて起きてしまう錯覚であり、

 

人は、

 

現実的な結果よりも、見た目やイメージで判断してしまう

 

と言う事になります。

 

 

この心理現象が「シャルパンティエ効果」です。

 

 

 

 

 

 

 

シャルパンティエ効果を用いたアフィリエイト実践方法

 

冒頭でも説明しましたが、シャルパンティエ効果はマーケティング戦略として、非常に多く用いられています。

 

成分含有量に用いる方法

 

商品価格に用いる方法

 

 

上記二つに用いる方法がありますが、順番に解説していきます。

 

 

 

成分含有量に用いる方法

 

ある清涼飲料水がこの様なキャッチコピーを出していたとします。

 

A.ビタミンCが2,000㎎入っています。

 

B.レモン100個分のビタミンCが入っています。

 

 

上記の二つを比べた時に、AとBどちらの方が訪問者の目を引くでしょうか?

 

おそらくBの方が目を引くのではないのでしょうか?

 

 

「ビタミンC2,000㎎」と聞いてもピンとくる人はあまりいないでしょう。

 

しかし、「レモン100個分」と聞くと、何となくすごいと言うのは伝わってくると思います。

 

 

 

ちなみに、レモン一個分のビタミンC含有量は約20㎎なので、上記A・BのビタミンCの量は同じです。

 

一日のビタミンCの摂取量は約100㎎で、美容や疲労回復を期待するのであれば、2,000㎎以上とされています。

 

 

 

ただの数字として挙げられても分かりづらいものも、身近にあるもので例えると想像する事が出来ると言うのも、シャルパンティエ効果を利用した表現方法になります。

 

 

 

分含有量に用いる表現方法の他のコツとしては、

 

数字を大きく見せる

 

と言う事です。

 

 

例えば、

 

A.レモン100個分(2,000㎎)のビタミンC配合

 

B.レモン100個分(2g)のビタミンC配合

 

上記二つの表現をした場合、両方が同じ量のビタミンCですが、Aの方が訪問者の目を引くと思います。

 

単位の錯覚ですが、2gよりも2,000㎎の方がビタミンCが多く含まれていると感じてしまうので、表現の際は意識してみて下さい。

 

 

 

アフィリエイトでは様々なジャンルの商品・サービスを取り扱いますが、その場合にも応用が出来ます。

 

ダイエットサプリメントの場合は、

 

「一ヶ月で6㎏のダイエット」⇒ 「10日で2㎏のダイエット」(即効性を強調する)

 

 

FXの商材の場合は、

 

「一日目から利益を上げられる」 ⇒ 「仕事中も利益確定メールがやみません」、「利益確定メールで寝不足になる可能性があります」(商材を利用すれば利益の出る事を強調する)

 

 

この様に、同じ意味でも言葉を変える事により、訪問者のあなたの広告文を読んだ時の捉え方が全く違うものになるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

商品価格に用いる方法

 

店舗のチラシでも良く用いられているのですが、

 

「これらの商品98円均一」

 

実際の金額が高いか安いかは別として、何故きっぱり100円ではないのか気になった事はありませんか?

 

 

これは、100円と提示するよりも98円と提示した方が、消費者は心理的に安く感じるからです。

 

1,000円よりも980円、10,000円よりも9,800円の方が僅かな差でありながら、数字の桁数が減ると得をしていると言う心理効果を生み出します。

 

 

現実の店舗でも、

 

「全品50%OFF、更にレジにて20%OFF」

 

と言うのをバーゲンで耳にすると思います。

 

 

実際は、50%に割引された金額から20%の割引なので、1,000円が元の金額だとすれば、

 

1,000円の50%で500円引きなので、500円

 

レジにて500円が20%(100円)引きなので400円

 

という事になります。

 

 

単純に1,000円の品物を60%OFFにしたのと金額は一緒で400円なのですが、敢えて二段階の値引きをする事で、消費者へのお得感を強めている事になります。

 

 

アフィリエイトでは、上記の様な表記は難しいですが、別な方法で錯覚を用いた表記をする事は可能です。

 

例えば、

 

一か月分で120粒3,000円

 

のサプリメントがあれば、

 

一日4粒たったの100円

 

と言う表記にしてみるとどうでしょう?

 

一か月分を一日分に変えただけなので、両方同じ意味なのですが、「3,000円」と「100円」では、金額がまるで違ってきます。

 

 

また、

 

50袋で900円

 

のドリップコーヒーを

 

1杯18円

 

と表記すると意味は同じですが、お得感がかなりアップすると思います。

 

 

 

この様に、表記方法を変えるだけで、一気に訪問者の目を引く事が可能になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

シャルパンティエ効果とは、錯覚を利用した心理効果の一つです。

 

同じ意味の表記を違う観点から行う事によって成約率を格段にアップする事が出来ます。

 

 

ただし、本来の表記から外れた表記になってしまうと、ASPや販売者から注意勧告や最悪の場合、アカウントの停止になりますので、注意して下さい。

 

 

 

皆様のご参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

こちらの記事もご参考下さい。

アフィリエイトに関する記事の書き方について

 

 

 

 

その他のアフィリエイト実践の為の心理テクニックはこちらから。

 

成約率を劇的にアップさせよう!!アフィリエイト心理テクニック実践講座

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
皆様の応援が力になります!!

人気ブログランキング
私がアフィリエイト1年目で128万円稼いだ教材を紹介します。
”アンリミテッドアフィリエイトネオ”/
高額報酬を狙うなら!!
”アンリミテッドアフィリエイトネオ”/
優良レンタルサーバーを探すなら
まずはアフィリエイターになろう!!
管理人プロフィール

管理人:相葉 光毅

独立起業を果たすべく様々な方法を探し、アフィリエイトにたどり着き、現在はアフィリエイトを広める為、方法を伝授する為に「アフィリエイトプランナー」としても活動させていただいております。

詳しいプロフィールはこちらから

目指せ成約率UP!!
最近の投稿
人気記事はこちら
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報

ページの先頭へ

アフィリエイト 40才 独立 副業 ASP 情報商材 独立起業 アフィリエイトの始め方 アフィリエイト 初心者