GoogleAdwords キーワードプランナーの使い方とキーワード選定方法を図解で解説します。

Googleのサービスであり便利なツール「GoogleAdwords キーワードプランナー」の使い方とキーワード選定方法を説明していきたいと思います。

 

この記事では、「GoogleAdwordsキーワードプランナーの登録方法の図解説明。無料で使ってみる。」で説明した広告掲載をせずに無料でキーワード選定を行う方法になります。

 

 

GoogleAdwords キーワードプランナーは2016年8月から無料で使用する場合に、捜索ボリュームが大雑把な表示になってしまいました。

 

それでも十分有用なツールであり私自身も利用しているので、あなたもぜひ活用して欲しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

「GoogleAdwords キーワードプランナー」の基本的な使い方

 

「GoogleAdwords」の登録と無料設定がまだの人は、こちらで登録方法を分かりやすく説明しているのでご参考にして下さい。

 

 

 

登録が済んでいる人は、こちらからログインして下さい。

GoogleAdwordsキーワードプランナー

 

 

 

 

 

 

 

赤で囲われた「Adwordsにログイン」をクリックして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールアドレスとパスワードを打ち込み「次へ」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上図の管理画面が表示されます。

 

ここからキーワードプランナーの使用に入っていきます。

 

赤で囲われた「運用ツール」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上図の様な表示が出ますので、赤で囲われた「キーワードプランナー」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キーワードプランナーの画面に入ります。

 

早速キーワードプランナーを捜索してみましょう。

 

赤で囲われた部分をクリックして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上図が表示されますので、キーワードを入力していきます。

 

赤で囲われた部分を処理していきますので順番に説明していきます。

 

それ以外の場所はそれほど重要ではないので特に何もする必要はありません。

 

 

 

 

 キーワードを打込んでいきます。

 

一単語のみの場合は、一行ずつキーワードを打込みます。

 

 

 

 

 

複合キーワードの場合は、同じ行にキーワードをスペースを空けて打ち込みます。

 

 

 

ちなみに上記の様にダイエットや車両保険等、あまり近親性が無いキーワードを並べると捜索結果がごちゃ混ぜになって分かりづらくなるので、近親性のあるキーワード若しくは一種類に絞った方が良いでしょう。

 

 

今回は「ダイエット サプリ」で捜索してみます。

 

 

 

 

 

 地域の選択を行います。

 

 

右側の鉛筆の様なマークをクリックすると、上図の様な表示になります。

 

デフォルトが「すべての地域なので」、「日本」と入力して「保存」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

 言語の選択を行います。

 

 

右側のマークをクリックすると上図の様に言語の選択欄が表示されますので、「日本語」を選択して「保存」をクリックして下さい。

 

 

 

 

 

 キーワードオプションを選択します。

 

右側のマークをクリックすると上図の様な表示が出ますので、「入力した語句を含む候補のみを表示」を必ずオンに切替えます。

 

オンに切替えないと、捜索結果にキーワードと関連性の無いものまで表示されてしまいますので注意して下さい。

 

切替えたら「保存」をクリックします。

 

 

 

 

 

 「候補を取得」をクリックして捜索準備完了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

すると以下の様に、捜索結果が表示されます。

 

 

赤で囲われた部分の項目が注目部分になりますので、項目毎に説明していきます。

 

 

キーワード

 

先に選択したキーワードと関連性が高い順に上から表示されます。

 

 

 

月間平均捜索ボリューム

 

一ヶ月の間にどれだけそのキーワードが捜索されたかの数字です。

 

無料での使用なので「1,000~1万」、「100~1,000」の様に数字が大雑把になります。

 

広告費を支払う様にすると、この数字が正確に表示されます。

 

 

 

競合性

 

「高、中、低」の三段階で表示され、そのキーワードに対する競争相手の比率を表したものです。

 

「高」の場合は当然、競争比率が高くなるのですが、広告掲載の場合はクリック率も高いと考えられるので一概に避けた方が良いとも言い切れません。

 

今回はウェブサイトや記事の作成の為のキーワード選定、つまりSEO対策の観点からの使用になるので、単純にそのキーワードでSEO対策を行っている人が多いと捉える事が出来ます。

 

 

 

推奨入札単価

 

そのキーワードで広告を出し、広告をクリックされた際にあなたが支払う金額の事です。

 

競合性が高い程、クリック率が高くなりますので単価が高く設定されています。

 

無料で使う場合は無視しても構いません。

 

 

 

 

 

 

以上の項目を参考にしながら、キーワード選定をしていきます。

 

 

以下の図を例にとります。

 

 

「ダイエット サプリ おすすめ」の月間平均捜索ボリュームが1,000~1万に対し、「dhc サプリ ダイエット」は100~1,000です。

 

数字の大きいキーワードの方が捜索されている回数が多いという事なので、どちらかを選ぶとすれば「ダイエット サプリ おすすめ」をキーワード選定の候補に入れた方が良い様に思われます。

 

捜索するキーワードによっては、月間平均捜索ボリュームが10万以上になるものもありますが、1,000以上あればキーワード選定の候補に入れても良いと思います。

 

 

※私自身は、100以上あればキーワード選定の候補にいれていますが、そのあたりは個人の判断になります。

 

 

 

 

次は以下の図を例にとります。

 

 

「dhc ダイエット サプリ 効果」と「乳酸菌 サプリ ダイエット」の二つの複合キーワードで月間平均捜索ボリュームが同じになっています(数字が大雑把なので全く同じではありませんが)。

 

ところが、競合性を見ると「dhc ダイエット サプリ 効果」が「中」なのに対し、「乳酸菌 サプリ ダイエット」は「高」になっています。

 

記事作成の為のキーワード選定を前提とするのであれば、「dhc ダイエット サプリ 効果」の方が競争相手が少なく、キーワード選定の候補に入れた方が良いと言う考え方が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

捜索結果をデータとして保存も可能です。

 

 

上図の赤で囲われた部分をクリックするとCSV形式でダウンロード出来ますので必要に応じて活用して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

上がキーワードプランナーの使い方とキーワード選定の基本になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらかじめ捜索したいキーワードが決まっている場合

 

自分で捜索したいキーワードがあらかじめ決まっている場合は、そのキーワードのみを打込んで月間平均捜索ボリュームと競合性を捜索する事が出来ます。

 

複合キーワードがある場合に利用すると便利です。

 

 

 

 

 

下図の「GoogleAdwords」の管理画面を開きます。

 

赤で囲われた部分を選択してキーワードプランナーの画面に移動します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キーワードプランナーの画面が表示されたら、赤で囲われた「捜索ボリュームと傾向を取得」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリックすると上図の様に表示されるので、赤で囲われた部分を処理していきます。

 

① キーワードを入力します。

 

捜索したいキーワード毎に行を変えて入力します。

 

例えば、「生命保険 見積り」と「生命保険 補償内容」で捜索したい場合は、

 

生命保険 見積り 生命保険 補償内容

 

ではなく、

 

生命保険 見積り 

生命保険 補償内容

 

の様に入力します。

 

 

 

 地域の選択をします。

 

「日本」を選択しておけば問題ありません。

 

 

 

 「捜索ボリュームを取得」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

するとこの様に捜索結果が表示されます。

 

 

捜索したいキーワードのみの結果なのでキーワードのターゲットが決まっている人にとっては非常に便利です。

 

 

 

 

 

 

 

相葉光毅のキーワード選定方法

 

私自身、キーワードを探す手段として頭で考えても中々思い浮かばないので、「グーグルサジェスト キーワード一括DLツール」と「GoogleAdwords キーワードプランナー」を併用しています。

 

 

キーワードプランナーの場合、月間捜索ボリューム数順に表示されるので便利ではありますが、「数字が多いキーワード=私の取り扱い易いキーワード」とは限りませんので、グーグルサジェスト である程度扱いやすそうなキーワードを探してキーワードプランナーで月間捜索ボリューム数と競合性を調べる方法を取っています。

 

 

「グーグルサジェスト キーワード一括DLツール」にはこちらから入れます。

 

 

 

例えば、グーグルサジェスト で「ダイエット」と入力して捜索してみると、以下の様に捜索結果が表示されます。

 

五十音順の表示なので、順番に見ていく事が可能で私は非常に探しやすく感じています。

 

 

そして、気になったキーワードを選び、キーワードプランナーで月間捜索ボリューム数と競合性を調べると言う形です。

 

 

 

下図はキーワードプランナーになります。

 

 

「捜索ボリュームと傾向を取得」の項目で、気になったキーワードを選んで打込み捜索結果を調べます(グーグルサジェストからコピーしてキーワードプランナーに貼付けてもOKです)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上図の様に、自分の調べたいキーワードのみの結果を表示させる事が出来るので見やすく便利です。

 

 

 

 

私流のキーワード選定方法ではありますが、参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

Googleの機能は非常に便利なものが多いので、どんどん活用していきましょう。

 

 

キーワード選定のポイントは、

 

  • 捜索ボリュームの大きい(捜索回数の多い)もの。
  • 競合性の出来るだけ低い(ライバルの少ない)もの。
  • ある程度、自分が記事に取り上げやすいもの。

 

という事になります。

 

 

 

但し、これらに囚われ過ぎてしまうと中々キーワードが見つからずに先へ進めなくなってしまいますので、場合によっては一定のラインで妥協も必要になってくるかもしれません。

 

もちろん上記の方法の捜索結果が全てではありませんので、あくまでもキーワード選定の為の方法の一つとしてご参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

 

 

興味のある方はこちらの記事もご参考下さい。

【図解入り】ユーザーの持つリアルなキーワード選定方法を解説します。

 

【図解】i2iアクセス解析の設置方法。登録から説明します。

 

アフィリエイトでペルソナ設定を活用して質の高いコンテンツを作ろう!

 

 

 

 

 

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
皆様の応援が力になります!!

人気ブログランキング
私がアフィリエイト1年目で128万円稼いだ教材を紹介します。
”アンリミテッドアフィリエイトネオ”/
高額報酬を狙うなら!!
”アンリミテッドアフィリエイトネオ”/
優良レンタルサーバーを探すなら
まずはアフィリエイターになろう!!
管理人プロフィール

管理人:相葉 光毅

独立起業を果たすべく様々な方法を探し、アフィリエイトにたどり着き、現在はアフィリエイトを広める為、方法を伝授する為に「アフィリエイトプランナー」としても活動させていただいております。

詳しいプロフィールはこちらから

目指せ成約率UP!!
最近の投稿
人気記事はこちら
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報

ページの先頭へ

アフィリエイト 40才 独立 副業 ASP 情報商材 独立起業 アフィリエイトの始め方 アフィリエイト 初心者