薬事法に違反しない文章の書き方とは?コツさえ分かれば怖くない!

アフィリエイトで記事作成をしていく上で、特に化粧品、健康食品、サプリメント、健康器具を取り扱う人が注意しなければいけないのが、

 

「薬事法」

 

です。

 

 

 

薬事法に抵触しない文章でコンテンツを作成していく事が、自分自身の身を守りながら収益を上げる事に繋がります。

 

この記事では、

 

どの様な表現の文章が薬事法に抵触するのか?

 

どの様な表現の文章が薬事法に抵触しないのか?

 

 

について解説していきます。

 

 

※薬事法は平成26年に「薬機法」に名称が変更されました。

医療機器関連の内容が整備されていますが、基本的に薬事法からの大きな変更点はありません。

 

 

薬事法についてはこちらをご参考下さい。

アフィリエイトにおける薬事法とは?違反するとどうなる?

 

 

 

 

 

 

 

 

どの様な表現の文章が薬機法に抵触するのか?

 

「薬機法」とは、以下の4種類の品質、有効性、安全性を目的とした法律です。

 

1 医薬品

 

2 医薬部外品

 

 化粧品

 

4 医療機器

 

 

 

健康食品及びサプリメントは本来、薬機法の対象外となっています。

 

 

何故かと言うと、健康食品やサプリメントはあくまでも食品として扱われています。

 

「食品には薬の様な効果は無い」と言う考えです。

 

 

しかし、食品であるにも関わらず、医薬品の様な効果があると宣伝される事がある為に、薬機法に抵触する対象とされているのです。

 

 

 

上記の内容を踏まえながら、薬機法に抵触する表現を挙げていきます。

 

 

  • 疾病の治療・予防を目的とする効能効果を謳う表現

 

抵触する表現例

 

ア 「ニキビが治った」

 

イ 「育毛効果がある」

 

ウ 「抜け毛を防ぐ」

 

エ 「肥満に効果がある」

 

オ 「○○キロ痩せる」

 

カ 「デトックス効果がある」

 

キ 「癌が治る」   

 

 

「治る」、「効果がある」、「予防」等、治療と判断される表現は、購入者の誤解を招く為にNGとされています。

 

 

 

 

  • 身体の組織及び機能の増強、増進を目的とする効果効能を謳う表現

 

抵触する表現例

 

ア 「視力回復・強化」

 

イ 「美白になる」

 

ウ 「代謝を促進する」

 

エ 「肝機能増強」

 

オ 「美しいウエストを実現」

 

カ 「食欲を増進する」    等

 

 

 

 

医薬部外品や健康食品等は、確実な効果・効能を保障するものでは無く、あくまでも補助的なものである表現でなければいけません。

 

 

 

 

  • 医薬品的な効果効能の表現について

 

抵触する表現例

 

ア 商品名が医薬品を連想させるもの

 

「ファブロン」、「ビロフェルメン」等

 

 

イ 成分の説明に効果効能を含むもの

 

「視力回復に良いとされている○○を含む」等

 

成分の記載は問題ありませんが、文章から効果効能を連想させるものはNGです。

 

 

ウ 製法の説明から効果効能が得られると連想させるもの

 

「滅菌処理により○○の効果を飛躍的に上げます」等

 

 

エ 資料の引用、専門家や権威の意見、体験者の感想等で効果効能を謳っているもの

 

○○大学の△△教授がこの成分には視力回復に効果があると述べており」

 

「kさんはこれを飲んで3ヶ月で8キロのダイエットに成功した」

 

 

購入者の感想であっても、効果効能を謳う事は禁止されています。

 

 

 

 

 

効果効能を謳う表現、健康の強化、病気の治療、予防を連想させる表現は全て薬機法に抵触するので注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

どの様な表現の文章が薬事法に抵触しないのか?

 

アフィリエイターは薬機法に抵触する表現をせずに、商品・サービスを紹介する事が必要になってきますが、その為には、

 

表現を言い換える

 

 

と言う事が求められます。

 

 

 

ここでは言い換え例の一部を紹介していきます。

 

「抜け毛を改善する」⇒「頭皮を健やかに保つ」

 

「美白になる」⇒「明るい肌に演出」、「シミを目立たなくする」

 

「肥満に効果がある」⇒「あなたの理想の体型維持の為に」、「夏までに水着の似合う体に」

 

「膝の痛みを治す」⇒「自分の力で歩き続ける為に」

 

 

この様に言葉を言い換えて、薬機法に抵触する表現を避ける事が重要です。

 

 

 

言い換えのコツとしては、

 

 

言い切りはしない

 

「視力が回復する」⇒「ブルーベリーの力です」等

 

 

個人の感想に留める

 

「抜け毛を防ぐ」⇒「頭皮を健康に保つ」

 

「お腹の脂肪を落とす」⇒「自慢出来るウエストに」

 

 

補助的なものである事を強調する

 

「骨を丈夫にする」⇒「効率的なカルシウム摂取に」

 

「筋肉増強」⇒「日々の筋トレの手助けに」

 

 

自然な会話形式にする

 

「前日の飲み過ぎによる頭痛をスッキリ」⇒「飲みすぎたなと思ったら」

 

 

 

その他、以下の様に栄養補給、健康維持等、補助的なものに関する表現はOKです。

 

ア 「健康を維持する」

 

イ 「栄養補助の為」

 

ウ 「肌の潤いを保つ」

 

エ 「頭皮を守る」

 

 

 

この様に薬機法に抵触する表現をほんの少し言い換える事により、全く問題の無い記事に仕上げる事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

まとめ

薬事法改め「薬機法」に沿った表現法は一見複雑で面倒に思えますが、パターンとコツさえ覚えれば何も怖い事はありません。

 

 

ポイントは、

 

薬機法に抵触する表現方法を理解する。

 

薬機法に沿った表現方法を理解して、表現そのものを言い換える。

 

 

 

薬機法は法律なので、今後改定される可能性は当然あり、永遠にこのやり方でOKという訳ではありませんが、少しでもあなたのブログやウェブサイト作成の参考になれば幸いです。

 

 

 

その他、記事の書き方についてはこちらをご参考下さい。

アフィリエイトに関する記事の書き方について

 

 

 

 

コメントは2件です

  1. さと より:

    薬機法を調べていてこの記事に辿り着きました。

    例えば除毛クリームの個人の感想で「生えるスピードが遅くなった気がする」という書き方は薬機法に抵触するでしょうか?

    • 相葉光毅 より:

      さと様

      ご質問ありがとうございます。
      「生えるスピードが遅くなった気がする」、「生えるスピードが遅くなったと思う」等の表現であれば、全く問題ありません。
      ただし、「・・・気がする」、「・・・思う」等の表現方法ではインパクトが弱いと思うのであれば、「私は~~を使用した結果、~~を実感出来た」等、同じ個人の感想でも、もう少しインパクトを強める方法もあります。
      「~~には~~の効果がある」と言った、医学的、薬学的な言い切りでなければ薬事法に抵触する事はありません。
      ご参考になれば幸いです。

      相葉光毅

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

人気ブログランキング
私がアフィリエイト1年目で128万円稼いだ教材を紹介します。
”アンリミテッドアフィリエイトネオ”/
高額報酬を狙うなら!!
”アンリミテッドアフィリエイトネオ”/
優良レンタルサーバーを探すなら
まずはアフィリエイターになろう!!
管理人プロフィール

管理人:相葉 光毅

独立起業を果たすべく様々な方法を探し、アフィリエイトにたどり着き、現在はアフィリエイトを広める為、方法を伝授する為に「アフィリエイトプランナー」としても活動させていただいております。

詳しいプロフィールはこちらから

目指せ成約率UP!!
最近の投稿
人気記事はこちら
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報

ページの先頭へ

アフィリエイト 40才 独立 副業 ASP 情報商材 独立起業 アフィリエイトの始め方 アフィリエイト 初心者