ロングテールで集客と収益をどんどん増やしていこう


今回は、SEO対策の一つ「ロングテール」について説明していきます。

 

ロングテールを上手く実施出来れば、更なる集客を図る事が可能になります。

 

 

 

 

 

 

ロングテールとは?

 

ロングテールはインターネットビジネスで良く取られている販売手法です。

 

 

現実に店舗を構える際には、パレートの法則(80対20の法則とも呼ばれる)の「売上の80%は20%の人気商品が生み出している」と言う理論に基づき、そこに力を入れる販売戦略が取られています。

 

これは、需要の少ない(又はほとんど無い)商品をスペースの限られている店舗では置く事が出来なかったり、販売戦略に掛けるコストが無駄だと判断される場合が多いからです。

 

 

 

一方、現在増えてきているネットで商品を販売する方法を使用する場合はこの限りでは無くなります。

 

 

ネット上では商品を置くスペースを考慮する必要が無く、商品数や在庫を気にする必要がありません。

 

また、基本はウェブサイトの作成者が商品宣伝の為の記事を書くので、人件費等のコストも掛かりません(ウェブサイトの維持費は掛かりますが)。

 

 

その結果、実際の店舗では敬遠されそうなニッチ商品(潜在的な需要はあるが、市場の小さな商品)をどんどん売り込んでいけます

 

ニッチ商品自体の需要が少ないとしても、ネットは日本国内又は、世界中に繋がっているのでそれを求めている人は必ず存在する可能性が高いです。

 

そうしたニッチ商品をいくつも販売する事によって、最終的に人気商品の売上を上回る現象が「ロングテール」と呼ばれるものです。

 

 

 

 

「ロングテール」を駆使した販売戦略の代表的なものが大手通販サイト「Amazon」です。

 

 

Amazonは、人気商品からニッチ商品まで膨大な種類の商品を取り扱っています。

 

ニッチ商品一つ一つの売上はごく僅かですが、その積み重ねにより巨大な利益を上げる事に成功したのです。

 

 

 

 

 

実際の店舗とでロングテールを駆使した販売戦略を駆使したウェブ店舗の違いをまとめると、下図のグラフの様になります。

 

実際の店舗では上図の青で囲われた特に人気の高い商品を店頭に置き、陳列スペース・宣伝・人件費等のコストの大部分をその為に使うので、黄色で囲われたニッチ商品に回すこれらのコストは無駄と判断されて取り扱わない考えで展開されています。

 

 

 

 

 

 

 

ウェブ展開で構える店舗では青で囲われた人気商品での売上も狙いつつ、商品陳列スペース・宣伝・人件費等を気にする必要が無いので、黄色で囲われたニッチ商品をいくらでも取り扱う事が可能であり、取り扱う商品と戦略次第では大きな売上を生み出す事が可能になります。

 

 

黄色で囲われた部分が長い尻尾に見える事が、ロングテールと呼ばれる由来となっています。

 

 

 

 

 

 

 

ロングテールのメリット・デメリットについて

ロングテールを実施するにあたってメリット・デメリットをしっかり理解しておかなければいけません。

 

 

ロングテールのメリット

 

ロングテールのメリットには以下のものがあります。

 

 

①競合性の少ない商品で大きな売上を狙える。

 

ニッチ商品と呼ばれるものは市場が小さいですが、それを求めている人は高確率で存在します。

 

日本国内のインターネット利用者は総人口の80%以上と言われていますので(PC、携帯電話、スマホ含め)、単純な目算で1億人以上が対象となります。

 

例え小さな市場だったとしても、それだけの人数がいればネット上では非常に大きな市場に変わる商品もあるでしょう。

 

 

あなただけのお宝市場を見つける事もできるかもしれません。

 

 

 

 

②安定した収益を確保する事が出来る。

 

人気商品は時代や情勢によって流行り廃れがあるので、突然売れなくなってしまう可能性があります。

 

売上の中心が人気商品であればその段階で、収入が大幅にダウンしてしまうかもしれません。

 

 

ですが、ロングテールでニッチ商品を狙った戦略を取っていれば、一つの商品が売れなくなったとしても他の商品でカバーする事が出来ます。

 

 

 

 

ロングテールのデメリット

 

素晴らしい戦略に見えるロングテールもいい事づくめではありません。

 

当然弱点もあるので解説していきます。

 

 

①商品に対するしっかりとした記事を作成しなければいけない。

 

商品を探すユーザーは捜索エンジンから探す人が殆どなので、商品毎の個別の記事が必要になってきます。

 

ただ広告を貼付けただけの記事や適当な記事ではクローラーは拾ってくれないので、捜索結果に表示されることはありません。

 

 

どんなに売れていない死に商品だったとしても、その商品専用の質の高い記事を作成しなければあなたのサイトに訪れる人は現れず、結局は売れないままで終わってしまいます。

 

 

 

②SEOに依存するので、結果が出るまで時間が掛かる。

 

上記でも説明しましたが、商品に対する記事作成の必要があり、更にクローラーに見つけてもらわないといけないのでどうしてもすぐに結果の出ない方法となってしまいます。

 

捜索エンジンに上位表示されるには時間が掛かる上に、クローラーに見つけてもらう為の記事は書き続けなければなりません。

 

 

通常のSEO対策と同様に、ある程度の時間を要するを肝に銘じておかなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

ネットビジネスを展開するならロングテール戦略を上手に活用して売り上げに繋げましょう

 

ロングテール戦略はインターネットビジネスが大きく進歩してきた現代において、実際の店舗では取りにくい中での特徴的な手法と言えます。

 

もちろん何でもござれの万能な手法ではありませんが、長期的に見れば売上の安定化を図る事が可能になります

 

 

記事等のコンテンツの構築にはどうしても時間が掛かってしまいますが、一度作ったコンテンツは継続的に商品を求める人を集める事が出来ます

 

 

コストを必要とせずに出来る事なので、このメリットを最大限に生かして集客と収益の増大を図りましょう。

 

 

 





 

 

 

次ベージでは具体的な「ロングテールSEO」について解説していきます。

ロングテールSEOのやり方とは?キーワードを活用してアクセスを増やそう

 

 

 

 

こちらの記事もご参考下さい。

アフィリエイトを実践する上でのSEOとは?

 

アフィリエイトの為のSEO対策について

 

【図解入り】クロール申請の方法、Fetch as Googleを使いこなそう。

 

 

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
皆様の応援が力になります!!

人気ブログランキング
私がアフィリエイト1年目で128万円稼いだ教材を紹介します。
”アンリミテッドアフィリエイトネオ”/
高額報酬を狙うなら!!
”アンリミテッドアフィリエイトネオ”/
優良レンタルサーバーを探すなら
まずはアフィリエイターになろう!!
管理人プロフィール

管理人:相葉 光毅

独立起業を果たすべく様々な方法を探し、アフィリエイトにたどり着き、現在はアフィリエイトを広める為、方法を伝授する為に「アフィリエイトプランナー」としても活動させていただいております。

詳しいプロフィールはこちらから

目指せ成約率UP!!
最近の投稿
人気記事はこちら
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報

ページの先頭へ

アフィリエイト 40才 独立 副業 ASP 情報商材 独立起業 アフィリエイトの始め方 アフィリエイト 初心者